2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最近の記事
毎年・・・

低音

UDP-205

DMP-UB900のスイッチング電源用ト ..

DMP-UB900の映像出力

ヒューズとブレーカーの比較

OPTICAL-CASE525SATAUSB3.0のクロ ..

HDRのキャリブレーション

FI-C15NCF(R)

リンク
根布産業  

過去ログ
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2013年12月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月

 



DMP-UB900のスイッチング電源用トランスの対策
こちらではCDトランスポートとしてチューンしたDMP-BDT500を使用しています。
このBDT500はクロック交換を行っていましたが、UB900と同じようにDCノイズフィルター追加とヒューズ交換を行いました。この音が聞いていて気持ち良い。
DMP-UB900にもこの気持ち良さを追加できないかいろいろ実験していました。
BDT500とUB900はメイン基板も違うし電源基板も違う。ただし、同じメーカーなので回路は似ています。
そこで、もう一度BDT500とUB900のチューンの違いを調べてみました。
BDT500で効果があったのにUB900では良くなかったチューンが、スイッチング電源用トランスのドライカーボン。BDT500のトランスはコイルが縦に巻いていますが、UB900のトランスではコイルが横に巻いてあります。
UB900と同じようなスイッチング電源用トランスでコイルの周りに銅板を巻いてあるののを見たことがありましたので、UB900のトランスにも同じように銅板を巻いてみましたが音の変化はわかりませんでした。
銅板以外のものならどうなるかとファインメットシートを巻いてみたところ、BDT500と同じように落ち着いた音に変化しました。
ファインメットはコモンモードノイズフィルターでも使用していますが、効果がありますね。
チューンしたBDT500と全く同じ音にはなりませんが、気持ち良い感じは似ています。
音質の変化はあまりありませんが、今後のUB900のチューンに追加いたします。ファインメットシートチューンの料金は2000円になります。
今までUB900をチューンされた方には追加チューンとして対応いたします。料金は同じ2000円ですが、往復の送料はご負担ください。

追記)その後、電源インレットの固定用ビスをタッピングビスからボルト・ナットに変更しました。アナログ音声のパワー感が上がり、更にBDT500(DACはN-70A)に近い音に変化しました。この変更は無料(送料別)で行います。

13:31, Thursday, Apr 20, 2017 ¦ 固定リンク

 



根布産業
Copyright© 2001-2017 Neb. All Rights Reserved.

Powered by CGI RESCUE