Neb
 ホーム>その他>Squeezebox Due

Squeezebox Duetの情報をまとめました。

メーカーのページ→Logitech Wi-Fi Music Players
Squeezebox Duetの個人輸入できるお店→B&H(メーカー直販より安く購入できます)

私のブログでの紹介記事
Logitech Transporterのクロック交換
Squeezebox Duetが届きました
Squeezebox Duetのクロック交換

米国のLogitechで販売されていますが、元はSlim Deviceという会社がLogitechに買収されて販売を続けています。
ネットワークプレーヤーですので、単体で音は出ません。必ず、ネットワーク環境とPC(一部のNASでも可)が必要になります。
インターネットに接続すればネットラジオを聞くことが出来るのはPopcornHourやHDXと同様ですが、最大の違いがモニタ(TV)の画面を見なくてもリモコンの画面を見ながら操作できるということと音が良いということ。(その後、HDX 1000もReadyNASを使うと音が良くなることが判明しました)
追加用のレシーバーが単体でも販売されていますが、接続には必ずリモコンが必要ですので、Duetを購入して下さい。
一度接続したらリモコンを使わなくてもPC側のSqueezeCenterで操作は可能です。
逆にUSBやNASのファイルを直接再生することは出来ず、必ずSqueezeCenterが起動しているPC(NAS)が必要。
ネットラジオを聞く場合、SqueezeNetworkに接続すればPCが無くても聞けます。複数のPCやSqueezeNetworkの切替はリモコンの「Music Source」から行います。*SqueezeNetworkを使う場合はSqueezeNetworkにサインインして「Player PIN」を登録する必要があります。
NASはNETGEAR ReadyNAS Pro/NV/NV+/Duoなど最初から対応している物を使えば楽ですが、他のNASを設定するのは専門の知識が必要。玄箱を使ってSqueezeCenterを動作させる方もいるようです。対応のNASがあればPCを起動しなくても再生できます。

商品が届いて最初にすることはSqueezeCenterをダウンロードすること。薄いマニュアルはありますが、CDなどソフトは付属していません。
PCにSqueezeCenterをインストールして起動して下さい。
SqueezeCenterが起動したらセッティングから日本語に変更すればWindows Media PlayerやiTunesなどと同じ操作で再生できるようになります。
次にリモコンの設定ですが、日本語がないのでEnglishを選択、Wireless RegionはJapanを選択するとレシーバーの接続画面が出ますので真ん中の選択ボタンを押してしばらく待ちます。(もし、レシーバーが出ない場合はレシーバーをリセットしてから再度設定して下さい)
レシーバーに接続されるとSqueezeCenterをインストールしたPC(NAS)が表示されるので選択で初期設定は終了です。
もし、設定がわからなくなった場合は工場出荷時の設定に戻して再度設定して下さい。リモコンの初期化は「+」を押しながら電源ボタンを押して起動です。レシーバーのリセットは電波のマークのボタンを早く点滅するまで(10秒位)押し続けます。
プレイリストやアルバムリストはSqueezeCenterからの設定になるので、右下のセッティングから設定画面を出してミュージックフォルダーにファイルが入っているフォルダを選択して「再スキャン」でリストが作成されます。
SqueezeCenterの左側の画面のMusic Libraryから音楽ファイルを選んで再生できます。インターネットに接続してあればインターネットラジオに接続して聞くことも可能です。

NASとしてReadyNASを使う場合は設定画面のサービス→ストリーミングサービスを選択、SqueezeCenterのチェックを入れて再起動です。フルバージョンはダウンロードからReadyNAS用ファイルをPCにダウンロードしてReadyNASの設定画面のシステム→アップデートのローカルを選択してダウンロードしたファイルを指定して「アップロードしベリファイする」をクリックです。

SqueezeboxもPopcornHourやHDXと同様に内部に一度メモリーしてから再生しますので、クロック交換の効果が大きい機種です。
PCオーディオで複雑なことをして再生するよりSqueezeboxをクロック交換してデジタル出力を他のDAコンバーターに入れて再生したほうが音が良いです。

リモコンの日本語表示ですが、曲名やタイトルの日本語化は可能です。
いらないSDメモリを用意して下記サイトを参考に挑戦してみて下さい。
http://sanus.blog81.fc2.com/blog-entry-2.html



Copyright© 2001- 根布産業. All Rights Reserved.