音楽を聴くために・・・
機器のチューンを行うようになったきっかけはアナログレコードやエアチェックと比べてCDの音が悪かったから。

CDの音を良くするためにクロック交換やオペアンプ交換、電源のノイズ対策などのチューンを行ってきました。*チューンの詳細はこちらをご覧下さい。

CD再生はプレーヤーのチューンだけでなく、最適な方法でリッピングしてCD-Rに焼いた方が良い音で再生できます。*CDはディスクの個体によって大きく音が異なります。

現在、簡単に高音質で再生できる方法はハイレゾ音源をダウンロードして再生すること。
CDを沢山お持ちの方にはリッピングしてファイル再生すればハイレゾ音源と同等の音質で再生可能です。*但し、普通にPCでリッピングしても良い音にはなりません。使用するPC、ドライブ、ソフトで大きく音が異なります。

音源はNASやHDDに入れるのが一般的。NASはHDL-RA3HG、またはHDL-RA2HFがお薦め。NASとしても良いですがUSB-DACに接続して再生することもできます。良いドライブがあれば高音質でCDをリッピングすることもできます。

ネットワークプレーヤーやNASを使う場合はスイッチングハブも音に影響があります。良い機種を選んでクロック交換やノイズ対策を行うことで音が良くなります。
それから、ルーターを光LANで分離すると音が良くなります。また、光メディアコンバーターSFP付スイッチングハブのクロック交換とリニア電源使用で更に良くなります。

部屋などの環境の他に電源環境も音に大きく影響します。絶縁トランスとコモンモードノイズフィルターを組み合わせるのが最適です。(但し、パワーアンプは絶縁トランスを使用しない方が良いです)
現在、こちらのシステムで比較を行いながら最高の音質で再生できるように実験しています。

新しく再生機器を購入する場合は下記機器がお薦めです。
映像も楽しみたいのでしたらUHD BDプレーヤーのDP-UB9000UDP-LX800がお薦めです。(DMP-UB900もお薦め)。チューンすることで映像も音も最高です。アナログ出力の音も良いですし、HDMIの音も良いです。*DP-UB9000はSACDが再生できません。
AVアンプをお使いの場合はチューンしたUBP-X800M2も良いです。SACDも再生できます。
以前こちらでもUSB-DACとして使っていたUDP-205も良いです。クロック交換を行っていない(海外にはクロック交換を行っている製品がありますがかなり高価です)ので、ディスク再生はDP-UB9000の方が良いですが、UDP-205はMQA-CDが再生できるメリットがあります。また、ダウンロードしたMQAファイルも再生可能です。USB-DACとしても音が良いので、音楽再生優先でしたらお薦めです。
音楽再生だけでしたら、NT-505とUD-505もお薦めです。USB-DACとして使うのでしたら安いUD-505の方がお薦め。
USB-DACでしたら TOPPING D90 MQAGUSTARD DAC-X16がお薦めです。HDL-RA3HGにUABで接続すればMQAファイルの再生も可能です。
他にはブログにも書いていますので参考にして下さい。



Copyright© 2001- 根布産業. All Rights Reserved.