2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事
セラミックヒューズの違い

TX-RZ810のチューン

Leviton 5362

SC-LX87のチューン

朝からイカ釣り

アオリイカシーズン

コモンモードノイズフィルターの ..

DMP-UB900のヒートシンク防振対策 ..

リンク
根布産業  

過去ログ
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2013年12月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月

 



コモンモードノイズフィルター
こちらの家では、午前と午後で音が全く違う。午前中は低音が出ず、中高域も歪んだようにキツい音になってしまう。
近くに太陽光発電をしている家は無いし、晴れていても午後になれば音は良くなるので太陽光発電が原因ではない。
原因がわからないので、何か対策できることは無いかと考えていたところ、サウンドデンさんからファインメットコアのコモンモードノイズフィルターを紹介して頂きました。
コモンモードノイズフィルターは最近ほとんどの機器で使用されています。プレーヤーなど電流の少ないものは電源基板に、AVアンプなど電流が多いものはインレットと電源基板の間に付いています。
このコモンモードノイズフィルターは30A用なのでパワーアンプに使ってみました。
最初は電源ケーブルの間にいれてエージングしながら音を確認していましたが、音は変化するのですが、音が響いて気持ち悪い音。
このままでは何も解決しないので考えてみました。
こちらの電源ケーブルや機器の内部配線は全て2mmの銀単線。そこにコモンモードノイズフィルターの銅線(約1m+1m)が入るのですから銅の癖が気になってしまう。
そこで、コモンモードノイズフィルターの線も銀単線にしたらどうなるか?
折角なので、電源ケーブルではなく機器の内部配線のにコモンモードノイズフィルターも入れてしまう。そうすれば、余計な半田付けが少なくなる。
パワーアンプにコモンモードノイズフィルターに入れて一晩エージング。
翌日の午前中に音を確認しましたが、銅線とは音が全く違う。
響きは無くなり、音はピンポイントで定位する。2chでも前後、左右、高さで定位するので、録音時に位相をいじったソースは意外なところから音が出ている。以前も横や後ろ、上の方など曖昧な定位はしていたのですが、ここまではっきりわかることはありませんでした。
音質ですが、こちらで使っているスピーカー「MS-05」ですが、環境やセッティングが悪いと全く低音が出ない。それが嘘のように厚みのある低音が出てくる。
しかも、スピードの速い低音が。結果的には午前中でも、対策前の午後に聞いた音より良くなりました。
この改造ですが、銀単線を沢山使うので価格が高いですが、それ以上の効果があると思います。パワーアンプやAVアンプの通常のチューンが2〜3万円位ですが、それに+4万円で銀単線のコモンモードノイズフィルターが追加できます。
パワーアンプやAVアンプだけでなく、絶縁トランスや、電源タップに使っても良いと思います。
コモンモードノイズフィルターはタップ付の試作品もあります。現在お使いの機器の間に入れて試すことができます。

09:52, Wednesday, Jul 16, 2014 ¦ 固定リンク

 



根布産業
Copyright© 2001-2017 Neb. All Rights Reserved.

Powered by CGI RESCUE