2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近の記事
DP-UB9000 音楽再生

DP-UB9000のチューン

DP-UB9000を設置

SHARP 4S-C00AS1のクロック交換

integra DRC-R1のチューン

ONKYO PA-MC5500のチューン

電源タップ

新4K衛星放送

オヤイデ POWER INLET PP

リンク
根布産業  

過去ログ
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2013年12月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月

 



ROTEL RB-1582MK2のチューン
ROTELのパワーアンプ、RB-1582MK2のチューンを行いました。
1日通電してからノーマルの状態で音を確認。
プリアンプと比べたらパワーアンプはそれほど音が変わらないと思っていましたが全く違います。
あまり癖は無い音ですが、低音に迫力が無い。低音は出ているのですが消えるのが早い?タイトな低音なので量感のある低音ではない。
音場感もそれほど広くなくてスピーカーの横まででリスニングポイントを包み込むような音場の広さは無い。
内部は昔からのROTELと同じです。大きな電源トランスが一つと大きな電解コンデンサ。ヒートシンクの横にアンプの回路。
入力はバランスとアンバランスがありますが、アンプのドライブ回路はアンバランスなので、バランス入力はオペアンプでアンバランスに変換されます。
チューンはインレット交換、内部配線交換、GC#16チューンとヒューズ交換(3本)。
配線ですが、中央部に端子台のような基板があり、そこからインレット、ヒューズボルダ、電源スイッチに配線されています。
それぞれ長さが20cm程度あるので、インレットから、直接ヒューズボルダに配線して無駄な配線を減らしました。それでも20000円/mの2mm銀単線を50cm以上使いました。
音の確認にはチューンしたUDP-205を直接接続してVRもUDP-205側で調整しました。
この組み合わせ、音が良いです。
厚みのある低音が出てきて音が部屋いっぱいに充満します。22畳の部屋ですが、どこで聴いても痩せた音が出ません。
音場もリスニングポイントの後ろまで広がり音で満たされます。
それから、S/Nが良いのか無音の表現ができます。
2ch(音楽)再生だけならRB-1582MK2とUDP-205(Sonica DAC)、他にスピーカーと音源があればハイエンドの機器は不要と思うようなレベルです。
RB-1582MK2のチューン代は22000円(税込、送料別)です。

13:54, Thursday, Feb 01, 2018 ¦ 固定リンク

 






根布産業
Copyright© 2001-2018 Neb. All Rights Reserved.

Powered by CGI RESCUE