2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事
HDMI光ケーブル

ファイル再生用BDプレーヤー

UBP-X800M2

YAMAHA CX-A5100のチューン

DLA-X7の再調整

DMR-UBZ1にDCノイズフィルター

掲示板

DLA-X9の調整

DP-UB9000のエージング

リンク
根布産業  

過去ログ
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 9月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2013年12月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月

 



YAMAHA CX-A5100のチューン
久しぶりにYAMAHAのAVアンプの音を聴きましたが、昔と同じ傾向の音色で響き(付帯音)の多い音であまり好きな音ではありません。
素の音を聴きたかったので、2chでストレートデコードで確認しました。スピーカーの補正は手動にしてEQは切。DSPの補正も全てオフにしてDACデジタルフィルターは一番響きが少なかったスローロールオフ型にしました。他の機種と比べるとフルターの音の変化が大きいです。
RCA出力の音質は中域の解像度の低さを高域を強調してクリアに感じさせようという音で加工された音です。もしかしたらXLR出力なら良いのかも?

内部は部品が少なく電源トランスが1個とスイッチング電源。インレットの端子は無垢の金属ですが基板にはDP-UB9000と同じくらいの細い金属で半田付けされています。
ヒューズはオレンジ色のセラミックヒューズ?が1本のみ。他にスイッチング電源用のヒューズもありますが基板実装タイプ。
チューンはあまり手を加えるところがなく、GC#16チューン、インレット交換(FI-06 NCF R を使用)、内部配線追加、ヒューズ交換を行いました。

チューン後は響きが減って音楽を聴いてもピュア用プリアンプとして使える音になりました。
これだけ中域の解像度が上がればマルチチャンネルの音も良くなっていると思います。(基本性能を上げるチューンなのでマルチチャンネルの音やスピーカーを補正した音は確認していません)
ここで、気になっていたDP-UB9000のXLR出力の音を確認しました。
こちらで使っているAVアンプ(Integra DHC-80.6)ではDP-UB9000のXLR出力が他の出力と比較すると音量が低くて音が悪い。
YAMAHAのAVアンプはDP-UB9000のXLR出力とRCA出力の音量が同じ。
この比較ですが、圧倒的にXLR出力の方が良い音です。IntegraのAVアンプはRCA出力でも音が良かったので、 CX-A5100のRCA入力の問題(コストをかけていない?)だと思います。
HDMIとXLRでほぼ同じ音質ですので、アナログのRCA入力やマルチチャンネル入力を使うよりHDMIやデジタルで入力した方が良いと思います。
チューン代は14500円(税込、送料別)です。

14:51, Wednesday, May 08, 2019 ¦ 固定リンク

 






根布産業
Copyright© 2001-2019 Neb. All Rights Reserved.

Powered by CGI RESCUE