2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事
毎年・・・

低音

UDP-205

DMP-UB900のスイッチング電源用ト ..

DMP-UB900の映像出力

ヒューズとブレーカーの比較

OPTICAL-CASE525SATAUSB3.0のクロ ..

HDRのキャリブレーション

FI-C15NCF(R)

リンク
根布産業  

過去ログ
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2013年12月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月

 



SATA-USB変換にD-Clock
下取りしたD-Clockが大量に余ってしまったので、何か使い道がないか考えました。
D-Clockは5ppmのX-TALを回路で1ppmまで上げていますが、対応の周波数がなくても今使っているX-TALの精度を上げることができる。
そこで、OPTICAL-CASE525SATAUSB3.0のSATA-USB変換基板用に10ppmのX-TALを試してみました。
SATA-USB変換基板のクロックを10ppmのX-TALに変更すると情報量が増えたことが確認できましたが、少し音楽性が無くなったように感じました。
その10ppmのX-TALをD-Clockに取り付けて再度確認。
情報量はそのままで響きが綺麗。10ppmを直接SATA-USB変換に使った時は付帯音が無くなってすっきりしすぎたようです。D-Clockの場合は付帯音が増えたのではなく、元々の情報が出ているように感じます。D-Clockは音数が増えています。
この違いは同じソフトを何度も聞き比べてわかる程度の差だと思いますが、良い物を聴いてしまったら元に戻れません。
中古のD-Clockが無くなるまでですが、今回の特別仕様で対応いたします。
追加分の料金ですが、中古のD-Clockは15000円、交換工賃は10000円です。
*BDR-S09J-BKなどにDTD-Clockを使った場合のチューン料金は68600円(送料別、DTD-Clock+交換工賃)です。この金額にD-Clock分の25000円が加算されますので合計93600円です。
以前、BDドライブのクロックをD-Ckickに交換された方はお問い合わせ下さい。DTD-Clockの代金+工賃(58600円)で対応いたします。
ドライブケースにRS-EC5-EU3(X)をお使いの場合は±0.5ppmTCXOに交換可能です。±0.5ppmTCXOは10000円、交換工賃は10000円です。DTD-Clock+クロック用電源と±0.5ppmTCXOのセットで合計101000円(税込、工賃込、送料別)です。

11:14, Monday, Aug 24, 2015 ¦ 固定リンク

 



根布産業
Copyright© 2001-2017 Neb. All Rights Reserved.

Powered by CGI RESCUE