2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事
オヤイデ POWER INLET PP

UBP-X800 リニア電源

DP-UB9000 Japan Limited

MUTEC MC-3+USBの電源

ノートPCのCPU交換

SSD換装

アオリイカを釣るコツ

今日もアオリイカ

アオリイカ

リンク
根布産業  

過去ログ
2018年11月
2018年10月
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2013年12月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月

 



SACDよりCD
SACDよりCDの方が良いと以前から言っていましたが、今回のドライブと変換基板のクロックを交換後にリッピングして焼いたCD-Rを聴いて思ったことを書きます。
一般的なSACDプレーヤーではCDよりSACDの方が音が良い。CDを沢山お持ちの方は古いCD専用機を使ったりプレーヤーのクロック交換(SACDよりCD再生の方が効果が大きい)を行ったりしています。
でも音質(レンジや空間表現)としてはSACDの方が良い。それでもCDが良いと感じるのは何か安心できる音がするから。安心感ならアナログレコードの方が良いですが、ある程度の音が出るアナログはかなりお金がかかるし、操作性も悪い。
今回の改造したドライブで焼いたCD-Rで聴くとレンジや空間表現はSACDと同じようになり、更に音楽性豊かな音に感じます。(クロックとオペアンプを交換したPD-70で再生)
こんなに楽しくCDを聴くのは久しぶりで毎日焼いたCD-Rで音楽を楽しんでいます。長時間聴いても疲れません。
チューニングの仕事をしていると音を聞き比べることが仕事となり、実は音楽を楽しんで聴くということができなくなってきます。
このCD-Rですが、ドライブの改造もありますが、リッピングの方法、焼く方法など全てが揃わないとこの音になりません。
同じプレーヤーで再生しているのに市販のCDと焼いたCD-Rでここまで差があるということは市販のCDの製造方法に問題があるのでは?と思っています。
オリジナルのデータをCDでなくてメモリ等で再生できならきっと良い音なんだろうな〜と想像しています。

10:46, Thursday, Aug 27, 2015 ¦ 固定リンク

 






根布産業
Copyright© 2001-2018 Neb. All Rights Reserved.

Powered by CGI RESCUE