2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最近の記事
Blu-ray Audio

DMR-BZT9600のチューン

0dbプリ追加

DHC-80.6で問題発生

DHC-80.6のチューン

TX-RZ810のチューン

Leviton 5362

リンク
根布産業  

過去ログ
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2013年12月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月

 



ヒューズとブレーカーの比較
UDP-203のチューンを行っているショップのブログにAMR社のGold fuseよりサーキットブレーカーの方が良いようなことが書いてありましたので、こちらでも同じサーキットブレーカーを取り寄せて比較してみました。
ヒューズ交換ですが、機器によっては電源ケーブルを交換するより大きな変化がありますので、慎重に選ぶ必要があります。高くても癖の強いヒューズもあります。
前から抵抗のあるヒューズより接点だけのブレーカーの方が良いのでは?と気になっていました。しかし、ブレーカーを調べてみるとサーマル式では電流を検知するための部品が直列にはいっていて逆に抵抗値はヒューズより大きいということがわかって今まで試していませんでした。
ブレーカーには電磁式もありますが、他に電流検出回路が必要でヒューズのように簡単に取り付けられる製品が無くてあきらめていました。(検出回路が内蔵の電磁式もありますが、抵抗値はサーマル式と同じでした)
今回試したサーキットブレーカーはE-T-A社の106タイプ(サーマル式)。抵抗値は実測で0.3Ω。こちらで使っているセラミックヒューズの抵抗値は0.2Ωでした。
早速、チューンしたDMP-UB900を使ってセラミックヒューズとサーキットブレーカーの比較を行ってみました。セラミックヒューズはパイオニアの高級機で使われていますし、OPPOのBDP-93/95は途中でガラス管ヒューズからセラミックヒューズに変更されました。その後発売された機種はセラミックヒューズです。
セラミックヒューズで満足できる音が出ていましたので、サーキットブレーカーで更に良くなる?と期待していましたが、全然だめ。
癖は無いと思いますが、情報量が少なくて迫力も切れもありません。低音も出なくなって安いプレーヤーの音になってしまいました。
何でも実際に試してみないとわかりませんね。
毎日こんな無駄なことばかりしていますが、この経験がなければ良い物を薦めることもできません。
こちらで行っているチューンはどれも良い物ばかりですので、自信を持ってお薦めいたします。

12:23, Sunday, Apr 02, 2017 ¦ 固定リンク

 



根布産業
Copyright© 2001-2017 Neb. All Rights Reserved.

Powered by CGI RESCUE