2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最近の記事
DP-UB9000のチューン

DP-UB9000を設置

SHARP 4S-C00AS1のクロック交換

integra DRC-R1のチューン

ONKYO PA-MC5500のチューン

電源タップ

新4K衛星放送

オヤイデ POWER INLET PP

UBP-X800 リニア電源

リンク
根布産業  

過去ログ
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2013年12月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月

 



DELA HA-N1ZS10のチューン
DELAの初期タイプのN1ZS10のチューンを行いました。
内部は価格なりにお金がかかった作りです。発売当時は高価だった512GBのSSDを2個使っていますから高くなるのはわかりますが、80万円は高過ぎ?
メイン基板にスイッチング電源が2個でコンデンサーバンクを追加、SSDが2個という構成。
最新型も調べてみましたが、メイン基板は共通のようで電源、SSD、インシュレーターが変更されているようです。
メイン基板は複雑でメインのチップのクロックは日本電波のNZ2520だと思います。クロックからクロックジェネレータ(シンセサイザ?)のICを経由してメインのチップに供給されています。*NZ2520SDと±0.5ppmTCXOを比較しましたが、±0.5ppmTCXOの方が良かったです。

NASの機能以外にネットワークプレーヤーの直接出力できるLAN端子やUSB-DACに出力する機能、ドライブを付けてCDをリッピングする機能があり、最新のNASと同じ機能を4年前に完成させたことは凄いと思います。

音の確認はUDP-205を使い、ネットワークとUSB-DACで確認しました。
たぶん、発売当時なら高音質で評価されると思います。ノーマルのSoundgenic HDL-RA2HFと比べてもN1ZS10の方が良いと思います。
こちらで使っているSoundgenic HDL-RA3H3G(クロック交換&リニア電源)やHDD(HDDケースはクロック交換)をUDP-205に接続して再生した音と比べるとS/Nが劣り細かい音の再現や余韻がありません。また、少し中高域に硬さがあり、低音は緩い(解像度が低い)。
GC#16チューンと他のノイズ対策や気になるところをチューンしてほぼ満足できるレベルになりましたが、低音の解像度をもう少し上げたい。
N1ZSシリーズの初期タイプと最新タイプの違いを確認しましたが、電源、SSD、インシュレーターが違います。他に違いが無いか調べましたが、SSDのマウントがシリコンブッシュによるフローティングから真鍮製リジッド・マウンターに変更されています。
真鍮製リジッド・マウンターを入手することはできませんが、シリコンブッシュを外してリジットマウントに変更しました。この対策で低音の解像度が改善されました。
この状態で最新のHA-N1ZS20/2A比べてどうなのかはわかりませんが、対策後は良い音になったと思います。
HA-N1ZS10のチューンの代金は15000円(税込、送料別)です。

2018_7_14

08:56, Saturday, Jul 14, 2018 ¦ 固定リンク

 






根布産業
Copyright© 2001-2018 Neb. All Rights Reserved.

Powered by CGI RESCUE