2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最近の記事
UBP-X800のチューン

UBP-X800

DAT

HDDケースによる音質の違い

気になるプロジェクター

UHD BDプレーヤー

PCがあればBDプレーヤーも音楽プ ..

N-70AE、PD-70AE

低音

リンク
根布産業  

過去ログ
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2013年12月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月

 



BDP-LX58のチューン
BDP-LX58の内部を確認しましたが、複数のLSIを使っていてどれがマスタークロックなのかわかりませんでした。その中で周波数では36.8640MHzのクロックがマスタークロックだと思うのですが、その周波数の高精度のクロックがありません。
4Kのアップコンバート用にPanasonicのMN864777を使っていますが、2Kの映像用にはMarvell 88DE2750を使っています。
チューンは電源基板とオーディオ基板の電源部分にノイズ対策としてGC#16チューン、インレット交換、ドライカーボン(ミニ)を1枚、あとはアナログ出力のオペアンプを2個交換しました。
*注)エージングで音に変化がありましたので、一部内容を変更しました。
元々、映像は綺麗ですが、更にクリアになりました。標準で設定の「Detail」を+1にした解像度になった感じ。
設定でDetailを+1にすれば解像度は上がりますが、特定の箇所だけクッキリすることがあります。全体に解像度が上がれば違和感が無いのですが、他がボケているのにその場所だけクッキリします。この為、こちらではプレーヤー側での画質設定はしない方が良いと考えています。
HDMI出力の音声はクロック交換した機種より劣ります。チューンで広がり、定位と切れが良くなりました。
意外に大きな変化があったのがオペアンプを交換したアナログ出力の音。DSD再生はピュアオーディオ用のプレーヤーと変わらない音です。使っているD/A(ES9011S)と交換したオペアンプの相性が良いのかも?ES9018とは違う音ですがES9011Sの方が好みの音。CDは「DIRECT ON」の方が良いですが、SACD/DSDは「DIRECT OFF」の方が聞きやすい音です。
使っているオペアンプがNJM4585でLX88を売るために音の悪いオペアンプを使ったのでは?と疑ってしまいます。
でも、SC-LX88もこのオペアンプを使っているようです。BDP-LX88はOPA2604でした。
*追記)追加チューンでI/V変換のオペアンプも交換しました。
それから、放送を録画したものを1080/24Pで出力するとボケます。1080/60P(自動)で出力するか、モニタ側で1080/60Pより1080/24P入力の方が良い場合は他の機器をお薦めします。
同軸デジタル出力でのCD再生、アナログ出力でのSACD、DSD再生、HDMI出力でのBD再生に良いプレーヤーです。
lx58t

11:58, Sunday, Nov 30, 2014 ¦ 固定リンク

 



根布産業
Copyright© 2001-2017 Neb. All Rights Reserved.

Powered by CGI RESCUE