2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事
「君の名は。」 UHD BD vs BD 画 ..

4K Ultra HD Blu-ray「君の名は。 ..

広色域

BDプレーヤーの電源ケーブル

防災士

CEC DA53Nのチューン

UBP-X800のチューン

UBP-X800

DAT

リンク
根布産業  

過去ログ
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2013年12月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月
2006年 2月
2006年 1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年 9月
2005年 8月
2005年 6月
2005年 5月
2005年 4月
2005年 3月
2005年 2月
2005年 1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年 9月
2004年 8月

 



UBP-X800のチューン
UBP-X800の内部を確認しました。
電源は一般的なスイッチング電源です。DMP-UB900のように部品にこだわることはしていません。+12Vだけですが、電源基板からメイン用とドライブ用に分かれています(間にコイルが入っています)。
不思議なのが、電源からメイン基板の配線にアース線が無いこと。シャーシアースだけで接続されているようです。
メイン基板はDMP-UB900の半分程度。SoCの他にドライブ用のチップがあり、それぞれクロックが付いています。
チューンは電源のGC#16チューンとDCノイズフィルターの追加、SoCのクロック交換(専用電源付)を行って、音を確認してから3Pインレット化改造を行うか判断しました。
ノーマルの映像と音はチューンしたDMP-UB900と比べると余りにも違い過ぎるのでチューンを行ってから再度確認しました。
映像はノーマルでは解像度が高いのにすっきりしなかったのですが、チューン後は更に情報量が増えてチューンしたDMP-UB900と同等のレベルになりました。遠近感も出るようになりノイズも目立たなくなりました。画質設定はダイレクトに変更しました。
音質は音が広がらないところが改善。クロック交換の前後で音を確認しましたが、音の変化はクロック交換の効果が大きいです。
しかし、チューンしたDMP-UB900と比較すると少し低音が軽く感じます。やはり、電源ケーブルも重要だと思いました。
そこで、3Pインレット化改造を行って確認してみましたが、映像は白ピークが更に伸びる感じで明るくなったように感じます。音の方は音数が増えて物足りなさがなくなりました。ヒューズ交換も試しましたが、音がきつくなったので元に戻しました。
この状態でいつも使っているBDのテストディスクでDMP-UB900と比較しました。
DMP-UB900の音声出力はHDMIとアナログで比較したのですが、HDMI出力よりアナログ出力の方が音にパワーがあり良かったです。チューンしたUBP-X800はHDMI出力でもチューンしたDMP-UB900のアナログ出力と同等の音が出ています。HDMIは音が悪いというイメージが無くなりました。
それから、映像もDMP-UB900はHDMIの音声出力を切にした方が少し綺麗に感じたのですが、その映像とUBP-X800(音声はセパレートのHDMI出力)は同等に感じました。
HDMI出力で使うのでしたらUBP-X800、アナログ出力で使うのならDMP-UB900が良いです。
チューン後は同軸デジタル出力の音も良くなりました。
CD再生ですがノーマルはDSEE HXを入にすると音が良くなったのですが、チューン後は切でも音が良いです。入にしても違いがわからなくなったので、問題が無ければ入に設定しても良いと思います。*DSEE HXを入にすると2chのAACがPCMに変換されて出力されます。
チューンのご依頼はこちらをご確認下さい。
ubpx800

10:46, Friday, Jun 23, 2017 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0) ¦ コメントを書く

■コメント


■コメントを書く

名前:

メールアドレス(任意):
    

URL(任意):

この情報を登録する

内容:

パスワード(任意):

ヒューマンチェック(選択した計算結果を入力):

 



根布産業
Copyright© 2001-2017 Neb. All Rights Reserved.

Powered by CGI RESCUE